So-net無料ブログ作成
検索選択

DI-DD1S-W と DI-CD1S-W との違い [ふとん乾燥機]

シャープのふとん乾燥機は、DI-DD1S-W が最新の機種だね。

そのひとつ前の機種はDI-CD1S-W なんだけれど
一体どこが違うのか?

DI-DD1S-W

見た目はほとんど同じ。
ボディのカラーは違うけれどね。

スペックを調べてみても、これといった違いは無い。
というか、全く同じ。

じゃあ、新機種といっても色が変わっただけ?
と思われてしまうかも。



スポンサードリンク


DI-DD1S-W はワイド送風アタッチメント付き


結局、本体の性能は同じだけど
付属されているアタッチメントが新しくなっているのだ。

DI-DD1S-W にも DI-CD1S-W にも
ふとん乾燥マットとくつ乾燥アタッチメントが付いている。

ここまでは同じ。


違うのは、 DI-CD1S-W には衣類乾燥カバーが付いているが
DI-DD1S-W にはワイド送風アタッチメントが付いていること。


衣類乾燥カバーは、洗濯した衣類などを
乾燥させることができるというもの。

これはこれで便利。


一方のワイド送風アタッチメントとは
乾燥機から出る温風を平口のノズルで
広角に噴出すことができるというもの。

じゃあ、これは一体何に使うのか?

DI-DD1S-W はマットを使わなくてもOK


要するに、この平口のノズルをふとんの中に差し込めば
手軽にふとんの乾燥が出来ますよ!ということみたい。


つまり、ワイド送風アタッチメントがあれば
ふとん乾燥マットを使わなくても
ふとんの乾燥が可能になるというわけ。


もちろん、簡易的なふとん乾燥方法となるけれど
寒い時にちょっとふとんを暖めたいという場合には
けっこう便利かもね。

DI-DD1S-W

そもそも、ふとん乾燥マットをふとんの中にセットするのって
けっこう面倒なことなんだよね。

でも、このワイド送風アタッチメントがあれば
そんな面倒なことをしないで済むというわけ。

これは面倒臭がり屋にはイイかもね!


価格的には新機種のDI-DD1S-Wの方が少し高いけど
手軽にふとんを乾燥できるというメリットがある。

ここに納得できるならDI-DD1S-Wの方がイイね。


でも、洗濯物の乾燥はどうすんの?という場合は

普通に部屋干しした洗濯物に
ノズルの先を向けて温風を当てればイイんじゃない?


シャープふとん乾燥機





スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。