So-net無料ブログ作成

象印スマートドライ RF-AB20-CAとRF-AA20-AAの違い [ふとん乾燥機]

乾燥マットやホースの要らないふとん乾燥機として
非常に人気の高いのが象印スマートドライ。

この象印スマートドライに新機種が登場!
それがこちらの象印 RF-AB20-CAなのだ。

RF-AB20-CA

デザイン的には従来のスマートドライとほぼ同じ。
本体カラーはブルーからベージュになっている。

しかし、この象印 RF-AB20-CAには
新しい機能がいくつか追加されているのだ。

その新機能とは・・・

スポンサードリンク


象印 RF-AB20-CAとRF-AA20-AAとの違いは?


象印スマートドライ RF-AB20-CAは
従来のスマートドライ RF-AA20-AAの機能を
ほぼそのまま受け継いでいる。

よって、乾燥マットもホースも使わずに
手軽にふとんの乾燥ができるのは同じ。

しかし、新型のスマートドライ RF-AB20-CAは
新たな機能が追加されたことにより
より使いやすくなっているのだ。


その新たに追加された機能とは
「低温あたためコース」と「低温乾燥コース」の2つ。

また、象印 RF-AB20-CAでは
「エココース」も強化されているし

新たに「アレル物質抑制フィルター」も
採用されている。


というわけで、象印 RF-AB20-CAは
従来のスマートドライ RF-AA20-AAと比べて
4つほどの改良点があるというわけだね。


象印 RF-AB20-CAの新機能


「低温あたためコース」は、その言葉の通り
低温でふとんを温めるということ。

従来のスマートドライ RF-AA20-AAにも
「あたためコース」はあるけれど

これで温めた後のふとんの中が
ちょっと熱すぎるという人もいたようで

それを改善するために低温で温めるコースを
新たに追加したとのこと。

この「低温あたためコース」を使えば
温めたふとんの中にすぐに入って眠れる
ということみたい。


「低温乾燥コース」もよく似た機能だけど
こちらは低温で乾燥させるというもの。

乾燥後のふとんが熱過ぎるという事態を
この機能で緩和させようということみたい。


節電効果のアップとアレル物質抑制フィルター


これまでのスマートドライ RF-AA20-AAの場合
「エココース」は「標準乾燥コース」と比べて
電気代を20%節約できたみたいだけど

新しいRF-AB20-CAの「エココース」だと
電気代が30%節約できるということらしい。

まあ、これはなかなかの改善点であると言えるね。


また、新型のスマートドライ RF-AB20-CAには
「アレル物質抑制フィルター」が
新たに採用されているということで

ダニの死骸や花粉などが
ふとんの中に溜まりにくくなっている。

まあ、これも無いよりはあった方がイイよね。


RF-AB20-CAとRF-AA20-AAの価格差


これまで見てきたように、RF-AB20-CAには
RF-AA20-AAには無い機能や改善点がある。

だけど、その分価格も高くなっている。

現在のAmazonでの価格は
新機種のRF-AB20-CAが20,300円くらいで
従来型のRF-AA20-AAが12,000円くらい。

その価格差は、約8,000円くらいだね。


8,000円上乗せして、より機能の多い
RF-AB20-CAにするか

そんな機能は要らないから
より価格の安いRF-AA20-AAにするか

ここら辺が判断の基準となりそう。


これから象印のスマートドライを
買おうかと思っている人は
この辺を良く考えてみるイイかも。

まあ、どちらのスマートドライを購入しても
手軽で便利なことは間違いないけどね。


象印 スマートドライ(Amazon)


象印 スマートドライ(楽天市場)


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。