So-net無料ブログ作成
検索選択

ドウシシャ かき氷器 電動ふわふわとろ雪 DTY-16BKが人気! [氷かき器]

ドウシシャの電動本格ふわふわ氷かき器は、
毎年新しい型番で発売されるやいなや、
すぐに完売してしまうという人気商品。

その2016年モデルがDCSP-1651。

dcsp-1651.PNG

このシリーズは、ここ数年不動の人気を集めていたんだけれど、
今年はちょっとした異変が・・・

それは、今年2016年にドウシシャが
新しいかき氷器を発売したのが原因のよう。

その新しいかき氷器とは?


スポンサードリンク


ドウシシャのニューモデル DTY-16BK


ドウシシャ かき氷器 電動ふわふわとろ雪 DTY-16BKは、
2016年春に登場したニューモデル。

DCSP-1651が「電動本格ふわふわ」なのに対して、
こちらは「電動ふわふわとろ雪」と、
「とろ雪」という言葉がプラスされている。

でも、何のこっちゃ分からない。

ただ、見た目は明らかに違う。

dty-16bk.PNG

DCSP-1651は昔懐かしいレトロ感を持った外観が特徴。

一方、DTY-16BKは現代的でスマート。

では、このDTY-16BKはDCSP-1651と
一体何が違うんだろうか?


DTY-16BKは台湾風かき氷が作れる!


実はこのDTY-16BKは、台湾風かき氷が作れるというモデル。

台湾風かき氷では、単なる水を凍らせた氷ではなく、
シロップや練乳、牛乳などを凍らせたものを使う。

でも、これらの糖分が入った氷は通常の氷よりも軟らかく、
普通の氷かき器では上手く削れないらしい。

その点、このDTY-16BKは、
軟らかい氷をしっかりと押さえて削れる特殊な構造になっているので、
台湾風かき氷も簡単作れてしまうというわけ。

もちろん、普通のかき氷も作れるので、
こちらの方が断然メニューは広がる。

しかも、DTY-16BKの価格はDCSP-1651と大差ない。

ドウシシャ かき氷器 電動ふわふわとろ雪 DTY-16BK



それでもDCSP-1651の人気は続く・・・


こうなるとDCSP-1651の方がやはり不利。

DCSP-1651の魅力は、そのレトロな風貌しか
なくなってしまった感じもしたりする。

ここ数年、氷かき器の王者として君臨していたこのシリーズ。

まさか同じドウシシャの新製品に
その座を奪われることになるとは・・・

と言うか、ドウシシャにしてみれば
おそらくこれは当然の結果。

まあ、世代交代というヤツかなぁ。

でも、DCSP-1651の人気は
この先も多分すたれることはないと思う。

やはり、そのレトロ感や存在感に
魅力を感じる人も多いだろうからね。

ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器 ブルー DCSP-1651



スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。