So-net無料ブログ作成
検索選択
調理家電 ブログトップ
前の3件 | -

卓上BBQコンロ「バーベキュー村クルクル」BBQ-889 が楽しい! [調理家電]

気候が良くなって来ると、キャンプ場や川原などで
バーベキューを楽しむ人たちも多いはず。

もちろん、自宅の庭でバーベキューパーティーをするという
ちょっとリッチな方もいるでしょうね。

そこで今回紹介するのは
自宅で手軽にバーベキューができる電気コンロ
「バーベキュー村クルクル」BBQ-889です。
BBQ-889
この製品には「クルクル」という名前が付いている。
つまり、串が自動で回転する電気コンロなのだ!

BBQ-889 は三ツ谷電機というメーカーから販売されており
自動回転式卓上BBQコンロという名称の製品です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シロカ SCO-313 と SCO-213 の違いと価格 [調理家電]

シロカ SCO-313 は、現在人気のノンフライオーブン。
コンベクションオーブンとも呼ばれるけどね。

その人気の秘密はやはり価格の安さだろうね。

一般的に販売されているノンフライオーブンの価格は
だいたい1万円から2万円台のものが多いんだけど
このシロカ SCO-313 なら7,000円前後で買えるのだ。

やはり、安いという魅力には敵わないね。


こんなに安くて大丈夫?


でも、安いということで性能や耐久性に問題があるのでは?
という疑問がどうしても浮かんでくるね。

その点に関しては「まあ、そこそこの製品です」
としか言えないね。


実際にシロカ SCO-313 を購入した人の口コミには
満足しているという声も多いのだけれど
その一方で初期不良もけっこうあるらしい。

まあ、その場合はすぐに交換してくれるみたいだけどね。

でも、このノンフライオーブンを買った人たちの多くは
「安いんだから多少のことは大目に見よう」
という感じで使っているみたいだね。


シロカ SCO-313 と SCO-213 の違い


さて、シロカのノンフライオーブンには
SCO-213 という前機種がある。

このSCO-213 は、安価なノンフライオーブンとして
売れに売れた商品だった。

そして、今回のSCO-313 は
このSCO-213 の改良型ともいえる製品である。

それでは、SCO-213 と SCO-313 はどこが違うのか?
ということになるけれど、その違いは4点ほどある。


先ず、SCO-313 では扉と焼き網が連動するようになった。

普通のオーブントースターなら当たり前の仕様だけど
SCO-213 にはこれが無かったんだよね。

これで、食材の出し入れがしやすくなったね。
sco-313
次に、庫内の有効サイズが多少広くなったこと。

幅と奥行きは変わらないけど焼き網からヒーターまでの
間の高さが違うのだ。

SCO-212 は10.5cmだったけど、SCO-313 は11cmである。

このたった5ミリの差にどれほどのメリットがあるのかは不明。


トレー取り付け位置が3箇所に


また、SCO-212 のトレー取り付け位置は
上段と下段の2箇所だったが
SCO-213 では上段、中段、下段の3箇所になった。

そのため、より微妙な焼き加減の調整が
できるようになったということ。

これは、料理上手な人には嬉しいかもね。


そして、SCO-213 では扉の中にあったパンくずトレーが
SCO-313 では本体の下に付いている。

要するに、パンくずの掃除をするのに
いちいち扉を開けなくても済むということ。

これも普通のオーブントースターなら当たり前だけど・・・


シロカ SCO-313 の価格


というわけで、シロカ SCO-213 の不備を補って
より使いやすくなったのが SCO-313 というわけ。

しかも、SCO-213 も SCO-313 も価格はほぼ同じ。

だから、シロカのノンフライオーブンを買うなら
SCO-313 が断然オススメだね。


現在のところではアマゾンが安いみたい。

siroca crossline ノンフライオーブン SCO-313RD


また、楽天市場を利用するなら
楽天カードを作ってから買うという手もある。

そうすれば、2,000円安く買えることになるからね。
これはかなりお得!

シロカ SCO-313(楽天市場)







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

バリスタPM9631PB ピアノブラックの人気 [調理家電]

ネスカフェバリスタPM9631の人気は
相変らず高いみたいだよね。

このバリスタPM9631のカラーには
ホワイトとレッド、そしてピアノブラックというものがあるけど

このピアノブラックが結構人気があるみたい。

pm9631pb

ピアノブラックってピアノのような黒ということかな?
まあ、それは置いといて・・・

考えてみれば、キッチン家電の色って
大体ホワイトが多いよね。

その次がレッドかブラックだよね。


そもそも黒を好むという人は多いよね。
そんな人はおそらく家電も黒で統一しているんじゃないかな。

そうなると、バリスタも黒にしようということになるよね。

実際、バリスタPM9631PBは何かカッコいいし
重厚感があるよね。


ただ、ネットショップで価格を見てみると
ホワイトやレッドに比べてピアノブラックは若干高いような
気がするけど・・・

それでも黒が欲しいという人は黒を選ぶんだろうね。


でも、バリスタってけっこうミルクが飛び散ったりするようだから
ピアノブラックだと汚れが目立ちそうなんだけど・・・

まあ、そこはマメに掃除するしかないよね。
もしくはブラックだからブラックコーヒーしか飲まないとかね。


ネスカフェ バリスタ PM9631PB の詳細はこちら!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の3件 | - 調理家電 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。